フリーランスが営業せずとも案件がドンドン来る魔法のような裏技とは?

  • 「フリーランスの営業方法ってどうやるの?」
  • 「人と会うのが苦手。でも案件獲得したい。」

このような悩みを抱いている人に向けて解説します。
本講義では

  • 営業効率を2倍にも3倍にもするマル秘テクニック
  • 人と会わずに案件獲得出来る真似されたくない方法

を紹介します。3年以上フリーランスのWebプログラマをしていますが、営業の時間はそれほど取っていません。
2回目のフリーランス当初から力を入れていたのは「自分が動かず人に動いてもらう」です。

その結果、営業しなくとも案件の連絡が来るという仕組み化に成功しました。
「営業苦手だけど、どうしよう・・・」と悩んでいる方は、真似出来るところから真似をしてみましょう。

目次

フリーランスの営業効率を2倍にも3倍にもするマル秘テクニック

フリーランスの営業効率を2倍にも3倍にもするマル秘テクニック

あなた1人だと限界は近いうちに来ます。そのため、営業担当を雇って案件獲得をして貰いましょう。

あなたは制作(プログラミング、コーディング、デザイン)することがメインになります。
そのため、営業に時間を取りすぎると制作時間が少なくなり、自由な時間が減ります。

以前の私は1人で営業をしていました。
オフライン交流会、コワーキングスペースの交流会、企業への営業メールと思いつくものは実践しました。
確かに案件獲得することはできますが「時間がかかりすぎる」と感じました。

例えば、オフライン交流会の場合、少なくとも2時間は交流会で時間を取られます。
その後、飲み会などを含めると3時間は見積もっていた方が良いです。

3時間あれば、簡単な案件を着手することが出来、早い人だと納品近くまで出来ることもあります。
オフライン交流会で案件に結びつけば良いのですが、結びつかない場合、時間の無駄になってしまいます。

なので、効率的に営業することがフリーランスには求められます。 とは言っても、営業はどうしたらいいの?

餅は餅屋と呼ばれる言葉がある通り、営業は営業担当に行って貰うのがベストです。

しかし、営業を雇えるほどお金がないと不安に思う人もいます。

その場合、営業との契約を「完全成果報酬型」にすることで解決します。
完全成果報酬型というのは、案件獲得してクライアントから入金があった場合、営業へ料金を支払うものになります。
つまり、案件獲得するまでは料金が発生しません。

私はこの契約で安定して案件獲得することが出来ています。

なお「フリーランスのお仕事紹介エージェント」と呼ばれるものがあります。
転職エージェントのようなものです。仕事がないフリーランスへ案件を紹介する仲介業者です。

個人的には「おすすめ」します。
理由は簡単です。案件がすぐに手に入り、目先のお金に困らないためです。

営業担当を見つけるには、時間がかかるため即効性はありません。
それぞれの特徴を表にすると以下の通りになります。

エージェント営業担当
費用0円成果報酬毎に発生。
案件数多い。最初は少ない。
単価ある程度の金額帯で一定。交渉次第で青天井
着手速度速い。
今から数日以内に案件着手することも有り。
営業担当次第。
仕事場客先常駐が殆ど。在宅が殆ど

私が思う営業担当のメリットは、仕事場が在宅になる点です。
フリーランスの魅力の1つに在宅があります。

エージェントの場合、客先常駐になることが多く魅力が1つ減ってしまいます。
ですが、クライアントとの交渉などいわゆる営業活動をエージェントが全て代行してくれるため、入金されないという事態は発生しません。

ともにメリット、デメリットはありますが「フリーランス1年目で何もわからない!」という人は、営業担当集めを並行しつつ、エージェント登録してみてはどうでしょうか?

まとめ

  • あなた1人で営業をすると、制作時間が少なくなり自由時間が減ってしまう。
  • 営業担当と契約することで効率よく案件獲得することが出来る。
  • フリーランス初心者はエージェントを検討する。

フリーランスで人と会わずに案件獲得出来る真似されたくない方法

人と会わずに案件獲得出来る真似されたくない方法

営業担当を雇うためにあなたは営業活動をしましょう。

企業へメール、コワーキングスペースの交流会へ行くことで案件獲得できますが、あなた1人につき1クライアントしか契約を結ぶことが出来ません。
ですが、営業担当と契約を結ぶことで、営業担当が複数のクライアントを紹介してくれる場合があります。

つまりは、あなたが制作をしている間、営業担当は営業活動をしてくれます。
通常は、営業活動しつつ制作をしなければならないですが、制作しているだけでお金が増え、クライアントが増えていくことも実現可能です。

では、どうすれば営業担当を獲得できるのかを紹介していきます。

インターネット上で「ビジネスパートナー」「営業 代行」などで検索

最も簡単な方法です。

ビジネスパートナーや営業代行で検索しますと、いろんな人が見つかります。
最近ではTwitterでも募集しているので、検索してみると良いです。

気になる人がいればメールやDMを送ってみると反応がかえってくることもあります。

メールやDMの内容は以下の点を抑えておきましょう。
・Web制作でフリーランスをしている。
・完全成果報酬型での営業パートナーを探している。
・ノルマ無し。

ノルマ無しについてですが、人それぞれになります。
ですが、私は「ノルマ無し」にしています。

理由は、制作を私1人で行っており営業担当が獲得した案件全てをこなすことが不可能なためだからです。
案件が多すぎて、対応しきれないということです。

そのため、私は営業担当に「案件獲得する場合は、事前に連絡下さい」と伝えています。
そうすることで案件を担当できるかどうかスケジュールと照らし合わせて判断出来ます。

また、ノルマがあることで毛嫌いする営業担当います。
あなたも経験があるかと思いますが、ノルマがプレッシャーとなりいつも以上の成果を発揮できないことです。
営業担当が気持ちよく営業活動できるようにノルマ無しにしています。

オフラインの交流会へ行く

異業種交流会やコワーキングスペースの交流会へ行き、同業ではなく営業担当と仲良くなる方法です。

同業から案件を貰うことは可能ですが、営業担当の方が上記理由により効率良くなってきます。
そのため、もしオフラインの交流会へ行く場合は同業ではなく営業担当と積極的にコミュニケーションを取りましょう。
→ フリーランスがコミュニティに入るべき理由は?案件獲得に使える?

まとめ

  • 営業担当を見つけるために営業活動をしましょう。
  • インターネット、オフライン問わず動いてみましょう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる