スキルなしフリーランスが独立すると後悔!?成功するための秘訣とは?

  • 「スキルはないけど、フリーランスとして独立したい!」
  • 「スキルがない場合、どのようにスキルアップすればいいの?」
  • 「フリーランス初心者でも始めやすい仕事を教えてほしい。」

フリーランスとして独立すべきか悩んでいるあなたへ

  • フリーランスが失敗しやすい4つの理由
  • フリーランスが成功するための秘訣9選
  • フリーランス初心者でも始めやすい仕事
  • フリーランスが独立するためのオススメ手順

の4ポイントで解説します。

本講義の対象者

  • フリーランスに興味があり独立を考えている。
  • スキルはないけどフリーランスに憧れている。
  • 会社員だが、独立したい。

本講義の信頼性

  • Webプログラム歴10年の現役フリーランス。
  • 何も考えず独立して失敗した経験有り。
  • 月80万円以上の案件獲得に成功。
目次

フリーランスが失敗しやすい4つの理由

スキルなしのフリーランスが失敗しやすい4つの理由

プログラミングやコーディングといった特別なITスキルがなく、フリーランスとして独立することは非推奨です。

  • スキルがないため低単価の案件になりがち。
  • フリーランスに求められるのは即戦力。
  • 誰も助けてくれない。
  • 理想と現実のギャップに苦しむ。

この4つが理由です。

スキルがないため低単価の案件になりがち。

特別なスキルがない場合、案件受注出来るのは誰でも取り組みやすい案件となります。
取り組みやすい案件は低単価になることが多く、時給換算すると最低賃金より低い場合があります。

そのため、薄利多売となり生活費を稼ぐため、休日も仕事をすることになります。
フリーランスとして独立したての場合は、モチベーションが高く低単価でも楽しく働く事ができます。
しかし、時間が経つにつれ精神的に疲れてきてしまいます。

また、低単価な案件のため、仕事時間が多くなることでスキルアップに費やせる時間が限られます。
よって、スキルアップして高単価の案件を受注することは難しいです。

スキルがない状態でフリーランスとして独立することは、低単価案件との戦いになります。
→ フリーランスで仕事がない状態にならないために実践すべきこと!

フリーランスに求められるのは即戦力。

フリーランスに求められるのは即戦力としての技術です。

会社員の場合、入社時から一定期間は育成や引き継ぎ・社内環境になれる時間が設定されていることが多いです。
しかし、フリーランスにそのような時間がなく、案件の話があれば「できますか?できませんか?」の議題に移ることが多いです。

そのため、クライアントから見れば即戦力して活躍することが当たり前となっています。

スキルがない場合、即戦力として活躍することが限られており、クライアントから信頼を得ることは難しくなります。

誰も助けてくれない。

会社員であれば、トラブルがあっても同僚や上司が助けてくれることもあります。
しかし、フリーランスは全て1人で対応する必要があります。

フリーランスと会社員の大きな違いと言えます。

また、会社員は「営業担当」「技術担当」「人事・総務担当」「経理担当」と細かく部門が分けられており、部門内で活躍すれば問題ありません。
フリーランスは、1人で全て行う必要があり、技術担当だけやりたいということは出来ません。

案件が少ない場合は、苦手でも営業することを強いられ、確定申告などの税制についても勉強する必要があります。

理想と現実のギャップに苦しむ。

フリーランスとして独立する前は、カフェでパソコンを操作し、好きな時に仕事をして好きな時に休めると言った理想のライフスタイルを思い描いている人も多く居ます。

しかし、実際にはスキルがない場合は、低単価の案件がメインとなるため、会社員時代のときより激務になることもしばしば。
激務のため、会社員時代と比較し独立したことを後悔し、理想と現実のギャップに苦しみます。

やる気やモチベーションが低下し、会社員に戻る人も中にはいます。

まとめ

スキルがない場合は低単価の案件がメインになってくる。
そのため、学習時間・休息時間が仕事により確保が難しくなる。

スキルなしでフリーランスとして独立することは、このような問題を抱えることとなります。
よって、スキルなしでフリーランスとして独立することは非推奨と言えます。

→ フリーランスで後悔したくない人!意識すべきポイントを紹介!

フリーランスが成功するための秘訣9選

スキルなしフリーランスが成功するための秘訣9選

スキルなしのフリーランスが成功するにはどのようにすれば良いのか。

  • 当面の生活費や税金支払に対する貯金。
  • 副業で案件を受注し実務経験を積む。
  • 交流会へ参加し知り合いを増やす。
  • 独立のための準備やスキルアップ期間を設ける。
  • フリーランスとしての目標と撤退条件を決める。
  • フリーランスで成功している人へ直接会う。
  • ポートフォリオ、プロフィールページを作成する。
  • 不要な支出を減らす。
  • 仕事がない期間の過ごし方。

9つのポイントでまとめました。

当面の生活費や税金支払に対する貯金

フリーランスとして独立すると収入が一時的になくなるまたは減少します。
収入が減少しますと、生活費が足らなくなる自体になります。

そのため、フリーランスとして独立する場合、必ず「貯金」を作っておきましょう。
金額については、人それぞれですが、目安としては「半年」です。

半年、無収入でも生活出来るくらい貯金があると心強くなり、精神的にも安定します。

また、独立1年目は税金が多く発生します。
税金は、前年度の収入から計算されるため、独立1年目は会社員時代のときの収入で計算されます。
給与明細を見ると、毎月いくら税金が発生しているのかを確認する事ができます。

当面の生活費と合わせて、いくら必要なのかを計算して、貯金が出来てから独立しましょう。

→ フリーランスで生活できない人はなぜ?生活できない人の対処法有り!

副業で案件を受注し実務経験を積む

スキルがない場合、フリーランスとして仕事を得るイメージがつかない場合があります。
そのため、あなたが所属している会社が副業を許可している場合、独立する前に副業を1度行ってみましょう。

副業と言っても幅が広いため、クライアントへ営業して、制作して、納品する形のものが良いです。
フリーランスになる前の模擬訓練です。

副業をすることでフリーランスとして生活するイメージをつける事ができ、あなたが本当にフリーランスとしてやっていけるのかを見極めることが出来ます。
副業せず独立して後悔しなくて済みます。

なお、副業で請け負った案件についてはあなたの実績となるため、実績が全く無いという自体を避ける事ができ、クライアントに対して心証が良くなります。
あなた自身の自信やモチベーションにも影響します。

また、あなたが所属している会社が副業を禁止している場合は、一度転職することも視野に入れてください。
その際、あなたがフリーランスとして身につけたいスキルが身につく会社を選ぶと良いです。

プログラミングを身に付けたい場合は、プログラミングを専門にしている会社です。

独立前提での転職となりますので、給与面を重視するのでなく、フリーランスとして役立つ能力を身につける事ができるかを優先してください。
仮にプログラミングの会社へ転職出来たとしても、副業は是非行ってください。

自分1人で全てを行う体験をすることに意味があります。

交流会へ参加し知り合いを増やす

フリーランスとして問題になりやすいのが「案件」です。
技術力はあるけど、案件がないフリーランスは多くいます。

交流会へ参加することは案件獲得に有効です。
営業活動と言われているものです。

あなたはまだフリーランスとして独立していないため、風呂敷を広げて営業活動しなくても良いです。
「独立を考え準備しています。独立しましたら改めて連絡します。」程度に留めておきましょう。

また、プログラミングやデザイナーに特化した交流会にも参加してみても良いです。
そこでは案件獲得ではなく、仲間を増やして安心感を得ることが目的です。

フリーランスは1人のため相談できる相手がいません。
そのため、何かトラブルや分からないことがあったとき、相談できる人が1人でもいると心強いです。

独立のための準備やスキルアップ期間を設ける

特別なスキルがない場合、すぐに独立をせずスキルアップ期間を設けましょう。
会社員の場合は、帰宅後・休日を使いスキルアップに専念すると良いでしょう。

スキルがなくフリーランスとして独立しますと低単価案件ばかりになり、スキルアップの時間確保が難しくなります。
会社員であれば、収入は一定しており、少なくとも金銭的な心配はありません。

そのため、スキルアップに専念出来る時間確保としては最適と言えます。

フリーランスとしての目標と撤退条件を決める。

フリーランスとしての目標を定めましょう。

金銭的な目標で年収1,000万円を目指す場合、月80万円が必要となる。
その場合、あなたの時給はいくらで設定できるのか計算することが出来ます。

ゆったりとした生活を目標とする場合、いつ働いていつゆっくりするのかを決めてみると良いです。
人それぞれ目標があるため、正解はありませんので、あなた自身で目標を決めましょう。

目標と同時に「撤退条件」を決めましょう。

フリーランスをしていて目標に近づく気配がない場合、会社員に戻るのか別の事業を行うのかを決めましょう。
多くの場合は、会社員に戻るかどうかの条件で良いです。

例えば、貯金が尽きて収入より支出が多い場合は会社員に戻るなどを予め決めておきましょう。

フリーランスで成功している人へ直接会う。

フリーランスで成功している人があなたの周りにいる場合は、直接会いに行きましょう。
親しい間柄であれば、独立を考えていることを伝えアドバイスが欲しい旨を伝えれば会ってくれます。

もし、あなたの周りにフリーランスとして成功している人がいない場合は、TwitterなどのSNSを活用しましょう。
あなたが理想とする生き方をしている人を見つけて、ダイレクトメッセージを送ってみると良いです。

近場でしたら、会ってくれる可能性もあります。

フリーランスとして成功している人に会うことは、あなたの将来をイメージしやすくなり原動力に繋がります。
また、実際に成功してきたプロセスや考え方を学ぶことで、成功への近道になります。

人と合うのが苦手な方も中にはいると思いますが、フリーランスとして独立するとクライアントと何度も直接話しをすることがあります。
練習を兼ねて、人と会うことを意識しましょう。

ポートフォリオ、プロフィールページを作成する。

ポートフォリオ、プロフィールページとは職務経歴書のことを指します。
あなたにどのような特技や技能があるのか、経験はあるのかをクライアントが確認するためのものです。

ポートフォリオ、プロフィールページはWebで簡単に作ることが出来ます。
wixがスキルなしの初心者でも簡単に作れます。

不要な支出を減らす。

会社員であるあなたが見直すべき内容に「支出」があります。
フリーランスとして独立すると、1年目は収入がなく支出が多くなる傾向になります。

そのため、支出を減らすことで貯金の減りを少しでも抑える事ができます。
支出の見直しについては、月額固定費がかかっているものから削減すると良いです。

家賃

可能であれば、家賃が安いマンションへ引っ越すことも考えましょう。

職場に近いから、家賃が高くても住んでいる場合があります。フリーランスとして独立すると、職場の近さは関係がなくなるため、高い家賃のマンションに住んでいるだけになります。

もし、あなたが独身でフットワークが軽い場合は、引っ越しを検討しましょう。

携帯(スマホ)代

あなたが格安SIMを使っていない場合は、格安SIMへ移行しましょう。

大手キャリアの月額料金は5,000円前後なことが多いですが、格安SIMの場合は月額1,500円程度で済みます。
毎月3,500円の支出削減ですが、収入がない時は少しでも削減すべきです。

動画配信サービスなどのサブスクサービス

昨今、NetflixやHuluと言った動画配信サービスを代表とする月額課金制のサービスを一度見直しましょう。
必要最低限のもので構いません。フリーランスとして収益が上がれば、再度契約すれば良いです。

仕事がない期間の過ごし方。

フリーランスとして独立したては、右も左もわからず仕事がない期間を過ごす人もいます。
無駄な時間を過ごすのではなく、フリーランスとして少しでも成長できるように時間を費やすことで大きく収益を上げることに繋がります。

仕事がない場合は、企業へメールを送るなどの営業活動をする、技術に不安がある人はスキルアップを行う、確定申告に向けて書類を整理するなど選択肢はあります。

リフレッシュ期間も必要ですが、仕事がない期間は成長出来るチャンスです。

フリーランス初心者でも始めやすい仕事

スキルなしのフリーランス初心者でも始めやすい仕事

スキルがなくても始めやすいフリーランス初心者におすすめの仕事を紹介します。

Webライティング、データ入力、文字起こし

いわゆる「ライター業」と言われているものです。クラウドソーシングサービスから受注することが可能で、文章を書く仕事になります。
文章が苦手な人でも書きやすいようにマニュアルをくれるクライアントもいます。

1文字1円で1記事あたり2,000文字が平均です。そのため、1案件こなすと2,000円の報酬となります。
パソコンの文字入力が出来れば、受注しやすいため特別なスキルは必要ありません。

また、Webライティングはブログを書く時に必要なスキルを身につける事ができます。
スキルを身に着けながら、報酬を得ることが出来る初心者におすすめの仕事です。

勿論、在宅で仕事が可能なことが殆どなので、フリーランスとして独立する前の副業としても人気があります。

ブログ開設(アフィリエイト)

あなた自身でブログを開設し、広告を掲載し収益を上げる仕事です。
アフィリエイトと呼ばれるビジネスです。

アフィリエイトだけで生計を立てている人は多く、1つのブログから月収100万円以上を稼いでいる方もいます。
先のWebライティングの案件を受注し、Webライティングを学んだ上で、ブログを開設すると効率が良いです。

また、ブログにはWordPressと呼ばれるシステムを使われることが多く、WordPressを使うことはフリーランスとしてもメリットがあります。

WordPressのデザイン部分を自作、プラグインと呼ばれる拡張機能を制作する案件があります。
WordPressの案件は時給1万円以上になるような高単価な案件も多くあります。

ブログ開設でWordPressを学び、Webライティングを行いつつ、アフィリエイト収益を得る流れもおすすめです。

なお、ブログ開設は誰でもいつでも出来るため、会社員時代から少しずつ記事を書いていくことでフリーランスとして独立した際の武器になります。

せどり(転売)

商品を安く仕入れて、別な所で高く売る。利ざやを稼ぐのがせどり(転売)です。
せどりで生計を立てている人も多く、人気のある仕事な反面、社会情勢に影響されやすい仕事です。

また、売れ残りなどのリスクも高く、転売しやすい商品のため開店前から並ぶ必要があるなど肉体労働な所もあります。

アルバイト

あなたが求めるスキルを学ぶことが出来る仕事場へアルバイトすることも良いです。

フリーランスとして独立すると、金銭的な不安が想像以上に強く出てきます。
そのため、お金を貰いつつ技術を学ぶことが出来る仕事場へアルバイトしましょう。

プログラミングやWebデザインの会社であれば、中小企業がアルバイト募集していることがあります。
時給としては、1500円以上の所もあるためフルタイムでアルバイトすれば生活費に困ることは少ないです。

フリーランスが独立するためのオススメ手順

スキルなしのフリーランスが独立するためのオススメ手順

スキルなしのフリーランスであるあなたが独立をする場合、オススメの手順を紹介します。

ここではWebプログラマとしてフリーランスを検討している場合を想定しています。
スパルタなこともお伝えしますが、フリーランスとして成功する確率を少しでも上げるためお伝えしています。

独立前提で1〜2年間、中小企業へ就職・転職する

もし、あなたの会社がWebプログラマとはかけ離れている場合は、Webプログラマとして成長できる会社へ転職しましょう。
転職は独立前提のため、給与面は期待せず「成長できるかどうか」を重点に置きましょう。

また、大手よりも中小企業をおすすめします。

  • 中小企業は人手不足により、未経験でも採用してくれることがある。
  • プログラマだけでなく、様々な仕事を経験出来る。
  • 独立後、案件を紹介してくれることもある。

この3つが大きな理由です。

中小企業は人手不足により、未経験でも採用

Web系の中小企業を含めてプログラマと呼ばれる人たちは万年人手不足です。
多くは安定した大手へ行きたがりますので、なおさら中小企業は人手不足です。1人しかプログラマがいない会社も多くあります。

未経験でも良いので来てほしいと考えている中小企業はあります。
そのため、未経験であるあなたが中小企業へ転職出来る可能性は高くなります。

プログラマだけでなく、様々な仕事を経験出来る

中小企業は人手不足であるため、業務を兼任することがあります。プログラマをやりつつ営業、プログラマをやりつつ人事などです。
ハードな反面、大手では経験出来ないことが多くあります。

フリーランスは全てを自分1人で行う必要があるため、1つの部門特化よりも平均して出来る方が望ましいです。
中小企業へ転職することは擬似的にフリーランスとして経験することが出来ます。

独立後、案件を紹介してくれることもある

あなたが中小企業で活躍すれば、独立後案件を紹介してくれることも期待出来ます。
フリーランスの中には、前職から仕事をもらっていると答える人もいます。

中小企業からすれば、勝手知ったるあなたなので信頼性は担保されています。
あなたからすれば、所属していた中小企業であるため、やりとりはスムーズになります。

そのため両者WinWinな関係を築ける事ができるため、案件を紹介してくれることに繋がります。

仕事の手順や技術を身につける。

Webプログラマとして活躍できるよう仕事の手順や技術を身に着けましょう。
どのようなツールや開発環境なのかを把握し、何を学べばよいのか積極的に質問しましょう。

入社から一定期間は教育や育成になるため、フル活用し全ての技術を吸収するつもりで学びましょう。
職場で学ぶことが、フリーランスとして独立した際の土台となるため、学ぶ価値は多いにあります。

帰宅後または休日に副業を行う。

帰宅後または休日と言った業務時間外に副業を行いフリーランスとしての模擬訓練を行いましょう。
スキルや技術については、業務内で向上することは出来ますが、営業やクライアントとのやりとりは出来ない可能性があります。

フリーランスは、営業やクライアントとのやりとりも必要となりますので、カバーするため副業を行い模擬訓練しましょう。

案件獲得が出来てきたら退職し独立。

独立するタイミングですが、1〜2年くらいとなります。
最初の1年はスキルや技術向上に重点を置き、1年は営業スキルを身につけると良いでしょう。

順調にことが進み、あなたが理想とする形に近づきましたら退職し独立を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる